ウッドファイバー(木質繊維断熱材)

woodfiber_detailウッドファイバー(木質繊維断熱材)は、環境と快適さを考えたエコ断熱材です。周囲の温度の影響を受けにくい特徴を持つため、夏は暑さが室内に到達する時間を遅らせ、冬は温度変化を緩やかに安定した状態で維持できます。また、高い吸放湿性能をもち、調湿性能にも優れています。

安心・安全・快適
原料は不純物のない北海道産バージンチップを使用。ホルムアルデヒドやVOC(トルエン・キシレン他)フリーでシックハウス・アレルギー対策にも貢献。住む人にも、建てる人にも安心・安全な断熱材です。

※ウッドファイバーは建築基準法におけるシックハウス対策において「告示 対象外商品」です。「F☆☆☆☆相当」の建材としてご使用いただけます。
断熱性
ウッドファイバーは高性能グラスウールなどと同等の断熱性能を有しており、申し分のない断熱効果を発揮。住宅の省エネルギー化に大きな役割を担う高性能断熱材です。※住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の断熱材区分ではC区分(λ=0.040~0.035)に相当します。
森林・環境保全
林地残材や間伐材の利用促進により森林循環を促します。また、工場にはバーク(樹皮)を燃料とするボイラーを設置。木を無駄にすることなく活用し、かつ化石燃料に極力依存しない省エネルギー生産を実現しました。
熱緩和
熱容量が高く、周囲の温度影響を受けにくい特長を持っています。夏季においては、暑さが室内に到達する時間を遅延させ、涼しい室内環境を創出。冬季においても、室内の温度変化が起こりにくい環境を創出。年間を通して、冷暖房費の削減に貢献します。
吸音性
優れた吸音性能が話し声、テレビ音、車のエンジン音といった生活騒音の軽減に効果を発揮。居住空間に静寂をもたらし、プライバシーの確保にも貢献します。
調湿性
木が主原料であるウッドファイバーは、木材の特性である調湿性能(吸放湿性)をもっているので湿度をコントロールすることができます。
施工性
適度な密度と柔軟性があるため、構造体にしっかり密着。隙間のない断熱施工が容易です。※施工に特別な技術や道具も必要なくイレギュラー箇所にも柔軟に対応できる施工性をもっています。
ウッドファイバーLD性能
密度40kg/m3の低密度タイプ。北海道産の針葉樹(主にカラマツ)を原料とした乾式加工による木質繊維の多機能エコ断熱材。

ダウンロード

pdficon詳細/価格表ダウンロード