try_top

「くらしのデザイン」を考えるショールーム

インターネットの普及や多チャンネル放送によって、現代は「情報を選ぶ時代」となりました。
住宅においても、新興住宅地がパッケージ化され「同じような家」が建ち並ぶ時代は終わり、
それぞれが「自分らしい家づくり」のために工法やプランを選択できることが一般的になりました。
いま、家づくりの可能性は大きく広がっています。
同時に、建材の選択の可能性も広がりをみせています。

例えば、リビングの床を決める場合、
それが無垢の木か、樹種は何か、表面仕上げはどうするか。
それらの条件を「言われるまま」に採用するのではなく、
いまでは建主様が積極的に選択することができます。
「私はリビングに、オークの暗めの色の無垢材を使いたい」と言える時代が訪れたのです。

内装材も外装材も、家づくりのこだわりはさらにその奥、建材のこだわりへ。
Uenoは、そんな家づくりへのこだわりのために、
新潟市中央区にショールーム&インテリア雑貨のショップ
「くらしのデザイン|マテリア」をオープンしました。

世界中からセレクトしたさまざまな輸入建材を直接ご覧いただき、
手触りや印象を確かめていただくことができます。
また、くらしを豊かにする様々なイベントも開催しています。
ぜひ、家づくりに興味のある方に足を運んでいただきたいスペースです。

viagraincanada-onlinegeneric cialis 5 mg en venezuela cheapest way to buy viagra viagra and red wine franchise pharmacy canada

 
logo_materia

http://materia-store.com/

 

フロアメンテナンス事業

気に入って選んだフローリング、せっかく貼った床材…
思い入れが強いだけ、ずっときれいに使いたい、いつまでも長く使い続けたい。
しかし、床は常に足裏や靴、家具など様々なものと接し、
壁や天井と比べ物にならないくらいの摩擦にさらされています。

床を大切に使いたいけれど、メンテナンスは面倒くさいし、大変。
そんなお客さまの声に応え、Uenoは、2つのフロアメンテナンスサービスをはじめました。
愛着のある床をいつまでも大切に使うために、
お客様のフローリングのロングメンテナンスをサポートいたします。

 
logo_floor

http://www.uenojyuken.com/maintenance/

 

2030年を目指す先進的省エネモデル住宅R2000+

Uenoはこれまで、自然素材の家、高気密高断熱の家に対応した建材を提供してきました。
そしていま、未来を見据え、より先進的な環境性能を備えた家づくりに注目しています。
そこで、23年前に建築したモデルハウス(高性能住宅R2000)を、
高性能な建材を使用した2030年仕様のモデルハウス「R2000+」へと新しく改修しました。
ひとりでも多くの方に超高性能住宅への関心を持っていただき、
「我慢することなく快適に過ごせる家」が今後さらに建築・改築されるよう、
そのお手伝いをしていきたいと考えています。

 
logo_r2000

http://www.uenojyuken.com/r2000/

 
 
 
コンセプトへ戻る >>
Ueno Value >>